UIEC - Urawa International Education Center

UIECの課程

修業年限

UIECの全ての課程は、大学(大学院)の進学準備コースです。修業年限は最長24ヵ月(2年)で、各レベルはそれぞれ3ヵ月(190~200時間)を要します。日本語授業は、土曜・日曜・祝祭日・長期休みを除いて、1日4時間実施されます。(9:00~12:20または13:00~16:20) 総授業時間は、年間で760時間から800時間です。日本語能力試験の相当レベルを下図に示します。学生の日本語能力に依存して、特定のレベルを省略する場合があります。日本語能力試験に既に合格している学生は、途中のレベルに編入する場合があります。



主教材


日本留学試験(EJU)

日本留学試験は、6月と11月に実施されます。98%(80/82)の国立大学、50%(289/581)の私立大学が、日本留学試験のスコアを参照し志願者の基礎学力を評価しています。2015年6月の日本留学試験においては、日本国内受験者数は、18000名を超えています。
私立大学の入学試験は、通常秋頃から始まるため、6月に実施される第1回日本留学試験が重要です。

目的

2年次の日本留学試験において、良好なスコアを得ることが、私達の基本的な目的です。国立大学の受験においては、少なくとも70%のスコアを得ることが必要です。
私達は、日々の学習が日本留学試験のためであることを、いつも念頭に置いています。

進学指導

2年目の7月より、学生の日本留学試験のスコアと過去の合格者のスコアを参照して、志望校選定に係る進学指導を個々に行います。

選択科目

数学の授業は、年間を通して週5時間実施しています。日本留学試験の2ヵ月前から、数学及び他科目の集中講義が開始されます。

日本留学試験 数学シラバス を参照する

基本理念

A

合格者数を増加

北は北海道から南は沖縄まで、全国各地の大学に当校の学生は入学しています。それぞれの大学にはそれぞれの校風があり、学生の期待と合致するかどうかの検討も行っています。
B

各学生にとって最適なクラス

レベルチェックテストは、学期毎に実施されます。テストのスコアにより、クラスを変更する場合があります。
C

生活指導は重要な使命の一つ

UIEC は、留学生にとって日本での最初の教育施設となります。中国及びモロッコのアドバイザーが3名在籍しています。
文化の違いにより、時には困惑する学生もいますが、アドバイザーは学生の問題解決に努めます。

参考リンク

UIECスタッフ

顧問

Kozo Yamada

経歴
- 日本語教育機関(千葉)学校長
- 日本学生支援機構 留学試験課
- 東京日本語教育センター 副センター長
- 国際交流基金派遣日本語専門家:在タイ日本国大使館広報文化センター・国立アイルランガ大学(インドネシア)
- 国際学友会日本語学校 専任講師
教務主任

Tomoko Kogo

経歴
- 日本語教師養成講座コーディネーター
- 日本語教育施設 教務主任(2校歴任)
- ETP (欧州連合ビジネスマン日本語研修プログラム)主任講師
- DAAD(ドイツ学術交流会プログラム)主任講師
- 言語文化研究所付属東京日本語学校 講師
- KDD国際電信電話株式会社東京局 勤務
アカデミックアドバイザー

Adil El Hadaoui

経歴
- 日本語講師, 在モロッコ日本国大使館
- 日本語講師, National Institute of Posts and Telecommunications
- 国際交流基金日本語国際センター 海外日本語教師長期研修修了
- 国際交流基金 日本語成績優秀者訪日研修修了

アドバイザー

Hainan Zhao

経歴
新卒採用
- 優れたリーダーシップとコミュニケーションスキルで学生のモチベーションを高めます
数学/物理 講師

Mohammed Sahli

経歴
- 数学講師, 東海大学 / SABIC Company 等
- プログラマー, Capgemini Company
- 技術者, University of Casablanca
研究活動
- www.isnaha.com 創設者
- Arapan Project (Genome Assembly) 開発者
理事長

Hideki Akimoto

経歴
- 代表取締役, 株式会社 Integral Human Resources
- 創立者, UIEC
- テクニカルマネージャー, Quicklogic
- FAE/AE, Xilinx
- 研究員, クラリオン株式会社中央研究所(旧テレビジョン学会正会員)

合格実績